二つの「ホリゾンタル(I Just Want To Be Horizontal)」

 
「ホリゾンタル」という楽曲があります。
初めて聴いたのは80年代の初めにカナダのアコースティック・スイング・グループ、Short Turnの1stアルバム『Short Turn』(1977)のB面でした。
オリジナル曲やジェシ・ウィンチェスターのLaisse Les Bons Temps Rouler、キンクスのSunny Afternoonなどに混じって歌われていた「ホリゾンタル」は、女性メンバーであるシャロン・キーツのそこはかとなく漂う品ある倦怠感が何とも言えず、一遍で好きになり何度も繰り返し聴くようになりました。
しかしインターネットなどの無い時代、作者のH.DAVID L.RICCIのクレジットだけでは辿りようもなくオリジナル曲ではないにしろ、周辺のSSWによる楽曲と思い込み、フェイヴァリット・ソングの一つとしてレコード棚にしまわれていました。
 
ところが先日、お客様のリクエストでOriginal Sloth Bandの1st『Whoopee After Midnight』をかけたところ、あの「ホリゾンタル」が聴こえてくるではありませんか。
Original Sloth Bandは既に1973年の時点で「ホリゾンタル」を取り上げていたのでした。Short Turnは先輩格のOriginal Sloth Bandのヴァージョンを聴いていたとも考えられます。どうしてもOriginal Sloth Bandを聴くときには2枚目の『Hustlin' & Bustlin'』をかけがちで、長い間不覚にも気づけませんでした。
 
早速、ライナーノーツを見ると「Probably the only other version of "I Just Want To Be Horizontal" is by Pat Flowers and his Rhythm.」とあります。今の時代、この先を辿って行くのは容易いことです。
 
パット・フラワーズは、1940年代に活躍したアメリカはデトロイト出身のジャズ・ピアニスト兼シンガーでした。ニューヨーク時代にはファッツ・ウォーラーと頻繁にコラボし、ウォーラーの死後はその後継者として認められていたようです。なので彼のレパートリーの中にはAin't Misbehavin'やHoneysuckle Roseもしっかりと含まれています。
件の「ホリゾンタル」は1946年7月15日ニューヨークでPat Flowers & His Rhythmによって録音され、ボーカルはパット本人ではなく、Bunky Pendeltonが歌っています。定かではありませんが楽団の一員でしょう、女性ボーカリストです。しかも作者のH.DAVIDは、後にバート・バカラックとコンビを組むあのハル・デイヴィッドでした。
 
たぶんシャロン・キーツは、Bunky Pendeltonのボーカルをイメージして録音したと思われます。Short Turnのデビュー作、ここ最近カフェトラモナのヘビーローテーションです
 
コメント